【本日のシグナル】ドル円が買いシグナル点灯したぞ!ユーロドルも絶好調!

5月2日(水)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、ドルが買われる動きとなりましたね。

ロイターによると次の通りです。

ニューヨーク外為市場では、翌日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明に注目が集まる中、ドルが主要通貨に対し上昇した。米経済は今年に入ってから他の先進国よりも強い成長の兆しを見せており、他の国との金利見通しの乖離(かいり)などを背景にドルに買いが入りやすい地合いとなっている。

米経済が好調で、ドルが買われたことにより、各通貨ペアの見通しの状況にも変化が見られます。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ちなみに、本ブログで使っているチャート分析については、無料レポートを販売しています。(0円で販売中!)関連記事からどうぞ。

特別無料レポートを公開。本ブログで活用しているテクニカル分析のやり方やトレードのアドバイスを掲載中。

2018.02.26

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で109.80円台となっています。
昨日は上昇を見せましたね。

この上昇により、これまでのレンジの上値だった109.40円台を超えてきました。

これにより、
買いシグナルが点灯
となりました。

算出された目標値は、
第一目標値110.30円台
第二目標値111.40円台
です。

シグナルが転換してしまう水準としては、109円台を割れてきた時です。もしもこの水準を割れてくるようですと、売りシグナルへと転換してしまいますので注意しましょう。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1990ドル台となっています。

これまで売りシグナルの点灯を報告しておりましたが、そのシグナルに従って順調に下げています。売りシグナルの点灯を報告したのが、1.22ドル台前半ですから、今で200pipsを超えていますね。(凄っ!)

現状としては、まだ売りシグナルが点灯継続中です。
目標値は1.18ドル台半ば。

シグナル消灯ラインは、1.20ドル台半ばまで上昇した時となりますので、上昇した時は、その水準を意識しておきましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で131.70円台となっています。

こちらはレンジ形成に向けた動きです。

レンジの上値は、133円台前半で、
レンジの下値を探る展開です。

レンジ形成までは様子見となります。

本日のまとめ

昨日のドルの上昇により、ドル円も買いシグナルが点灯となりましたね。目標値達成が期待されます。

また、ユーロドルも売りシグナルに従って順調に下げています。

ドル円、ユーロドルに値動きに注目したいですね。

では、本日もがんばりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。