【本日のシグナル】ドル円、まだ上昇するか!?ユーロは、まだ下げるか!?

5月2日(木)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、FOMCで金利据え置きが発表されました。発表後はややドル売りの流れとなりました。

ロイターによると次の通りです。

ニューヨーク外為市場では、連邦公開市場委員会(FOMC)の決定を受けドル指数が年初来高値から押し戻された。金融引き締めでも実質金利は上がらないのではないかとの見方がドル売りにつながったという。

連邦準備理事会(FRB)はFOMCで予想通り金利を据え置いたが、声明ではインフレ率が目標の2%に近づいたと認めた上で「インフレ率は前年比の伸びが中期的に目標の2%近辺で推移する」との見通しを示した。

FOMC声明発表前、ドルインデックスは年初来高値を更新していましたが、発表後に高値から0.1%下げる結果となりました。

そして、現在の指標の注目は、4日(金)の米雇用統計となっています。こちらの結果によっては、大きく影響されることが考えられますので意識しましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ちなみに、本ブログで使っているチャート分析については、無料レポートを販売しています。(0円で販売中!)関連記事からどうぞ。

特別無料レポートを公開。本ブログで活用しているテクニカル分析のやり方やトレードのアドバイスを掲載中。

2018.02.26

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で109.90円台となっています。
昨日はやや上昇しましたね。

現在は、買いシグナル点灯中で、
算出された目標値は、
第一目標値110.30円台
第二目標値111.40円台
です。

昨日は、一時110円台に乗せる場面がありましたが、本日もそのような流れを期待したいですね。

ちなみに、シグナルが転換するラインは、109円台を割れてきた時となりますので、こちらも意識はしておきたいです。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1940ドル台となっています。

現在は、売りシグナル点灯中です。
目標値は1.18ドル台半ば。

売りシグナルが点灯して以来、順調に下げ続け、ついに目標値の近くまでやってきました。

ここからさらに下げる展開を期待したいですが、
もし、今後上昇に転じた場合、1.20ドル台に乗せてくるようですと、シグナルが消灯することになります。

注意しましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で131.30円台となっています。

こちらはレンジ形成に向けた動きです。

レンジの上値は、133円台前半で、
レンジの下値を探る展開です。

レンジが明確に形成されるまでは様子見となります。

本日のまとめ

ドル円、ユーロドルがシグナルに従って、順調な動きを見せてくれています。

このまま目標値達成を期待したいところです。

では、本日もがんばりましょう。