【本日のシグナル】ドル円上昇が止まる!?ユーロにも注目。

5月4日(金)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、ドルが売られる展開となりましたね。

ロイターによると、

ニューヨーク外為市場では、これまで上げていたドルに利益確定の売りが出たことで、不安定な取引のなかドルが下落した。市場は翌日に発表される4月の米雇用統計に注目している。

とのことです。

本日は、米雇用統計の発表があります。
21:30です。

この発表を受けて大きく動くことも考えられますので、注目しましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ちなみに、本ブログで使っているチャート分析については、無料レポートを販売しています。(0円で販売中!)関連記事からどうぞ。

特別無料レポートを公開。本ブログで活用しているテクニカル分析のやり方やトレードのアドバイスを掲載中。

2018.02.26

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で109.10円台となっています。

これまで買いシグナルが点灯し、目標値110.30円台、第二目標値111.40円台が算出されていましたが、昨日は、上昇の勢いが止まることとなりました。

振り返ると、5月2日に110.03円を記録したことで、上昇が止まった可能性があります。

ということで、現在は、次のレンジ形成に向けた動きへと転換した可能性がありますので、様子見と判断します。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1990ドル台となっています。
こちらは上昇しましたね。

現在は売りシグナル点灯継続中。
目標値は1.18ドル台半ばです。

ただし、シグナル消灯ラインは1.20ドル台のせの水準になります。現在は、ほぼその水準まで反発をしていますので、注意したいところです。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で130.90円台となっています。

こちらはレンジ形成に向けた動きです。

レンジの上値は、133円台前半で、
レンジの下値を探る展開です。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

本日のまとめ

本日は、米雇用統計の発表があります。
トレードの際は、テクニカル分析で示した水準を意識して、臨みたいところです。

では、本日もがんばりましょう。