12月に利上げはあるだろう。ドル円、買いシグナル点灯!

10月13日(木)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

昨日のドル円は、円安に動きました。
今朝の時点で104円台にのせています。

米連邦準備理事会(FRB)が公表した9月連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が12月の利上げ観測を裏付ける内容となったことが要因です。

このドル円の上昇により、シグナルも点灯しましたので、目標値も確認していきましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で104.20円台となっています。

昨日の上昇により、レンジの上値を超えてきたことから、買いシグナルが点灯となりました。

算出される目標値は、104.80円台で、第二目標値106.50円台です。
今後の値動きに注目しましょう。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1000ドル台となっています。

こちらは、売りシグナルに従って順調に下げていますね。
目標値は目標値は1.07ドル台前半となっていますので、このままショート目線で勝負したいところです。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で114.70円台となっています。

こちらはレンジ形成に向けた動きです。レンジの上値は116円台前半で、レンジの下値を探る動きです。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

本日のまとめ

アメリカの年内利上げがあるだろうとの思惑から、ドル買いが進んでいます。
それにより、ドル円もまだまだ上昇をしそうな雰囲気です。

ユーロドルも売りシグナルに従って、順調に下げています。
トレードもがんばりましょう。