【本日のシグナル】ドル円、買いシグナルの目標値をズバッと的中!次は、ユーロがチャンスか!

5月22日(火)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日はドルが上昇しましたね。

ロイターによると次の通りです。

ニューヨーク外為市場はドルが上昇し、主要通貨バスケットに対し5カ月ぶり高値を付けた。貿易摩擦の悪化が懸念されていた米国と中国が関税措置を「保留」することで合意したとのニュースを受け、ドルショートを巻き戻す動きが膨らんだ。

前週ワシントンで開かれた米中通商協議は、中国が米国の製品やサービスの購入を大幅に増やすことで合意したものの、米国が求めていた対米貿易黒字の2000億ドル削減への言及はなかった。こうした中、ムニューシン米財務長官は前日、「貿易戦争を保留にする。関税措置をいったん保留にすることで合意した。一方、枠組みの執行は目指していく」と語った。

米中貿易摩擦緩和のニュースだけでなく、アメリカ経済が、ユーロや日本よりも調子がいいことも、ドル買いの要因となっているようです。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ちなみに、本ブログで使っているチャート分析については、無料レポートを販売しています。(0円で販売中!)関連記事からどうぞ。

特別無料レポートを公開。本ブログで活用しているテクニカル分析のやり方やトレードのアドバイスを掲載中。

2018.02.26

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で111.00円台となっています。

これまで、買いシグナルが点灯となっており、目標値111.20円台が算出されていましたが、昨日、一時111.30円台を記録する場面がありましたので、目標値を完全に捉えることとなりました。

買いシグナルの目標値を、ズバッと的中ですね!
やりました!

ということで、今後は、次のレンジが明確になるまでは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1790ドル台となっています。

現在は売りシグナルが点灯中。
目標値は、1.16ドル台前半が算出されています。

シグナル消灯ラインは、1.18ドル台前半まで上昇した時となりますので、その水準を意識して状況を見ていきたいところです。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で130.90円台となっています。
昨日は上昇を見せましたね。

現在は、レンジ相場です。

レンジの上値は130円台後半
レンジの下値は130円台前半
となっています。

もし、レンジ上値を超えてきましたら、買いシグナルが点灯となり、目標値133円台前半が算出されます。

逆に、レンジの下値を割れてきましたら、売りシグナルが点灯となり、目標値127円台前半が算出されます。

狭いレンジ相場となっていますので、シグナル点灯目前と考えられますので、注目しましょう。

本日のまとめ

ドル円は、見事に買いシグナルの目標値を達成してくれましたね。
ドル円のシグナルは好調を維持しています。

そして、ユーロドルは売りシグナルに従って下げるのか、それともシグナルが消灯するのか注目です。

また、ユーロ円もシグナル点灯が近そうな雰囲気です。

見所満載となっていますね。
では、本日もがんばりましょう。