ビットコインの今後。注意すべき水準について。

どうも、仮想通貨に注目している川相”かわい”(@woddy3)です。

ビットコインについて、かなり注目しているんですけども、

注目というのは、テクニカル分析によってその動向を注目しているということなんですが、

分析しているのは、BTC/JPYで、その現在の状況をお伝えしたいと思います。

ビットコイン振り返り

まずは、振り返りですが、
以前こんな記事を書いていて、

はっきり言うぞ。ビットコイン(BTC/JPY)は60万まで下げる!?

2018.05.29

ここでは、
レンジの下値84万円を割れると、売りシグナルが点灯し、60万円台が目標値として算出される
と紹介しています。

で、84万円台を割れなければいいなと思っていたのですが、
そんな望みは、5月24日にあっさりと、裏切られることとなるのです。この日は、84万円を割れて推移することになり、売りシグナルが点灯となりました。

算出された目標値、60万円台前半(60万とか61万とか)。そして、シグナル転換ラインは、84万円を超えてきた時と産出されました。

その後は、60万円台前半までさげることを覚悟していたのですが、

スムーズには、下げない状況が続きました。

「これは、もしかして、下げ止まるかもしれない。」
「もしも、84万円を超えれば、一旦、下げ止まる雰囲気になる」

そう考えながら状況をみていたら、本当に、6月3日に、84万円を超えてきましたね。

これによって、売りシグナルが一旦消灯することになりました。

下げ止まらないとしたら

これまで見てきたように、現在は、下げ止まる可能性が高い状況となっています。

とはいえ、再び、下げが加速する可能性があるとすれば、
79万円を割れてきた時です。

もしも、今後、この水準を割れてきた場合は、60万円台前半まで、落ちてくる可能性があります。

割れないことを願いたいところです。

ということで、本日は、ビットコインの現状をおしらせしました。不定期に状況報告となっていますが、希望があれば、もう少し頻繁に分析しようかなとも思っています。

ご希望は、ツイッター@woddy3でどうぞ。

ビットコインで、暴落時も利益を狙う。売りから入る戦略。

2018.02.03