【本日のシグナル】ドル円、売りシグナル点灯だ!

6月22日(金)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日は、ドルが売られましたね。

ロイターによると、次の通りです。

ニューヨーク外為市場ではドルが主要通貨に対して反落。利益確定売りで11カ月ぶり高値から下落した。ポンドは、イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミストが利上げを支持したことで、7カ月ぶり安値水準から上昇した。

米フィラデルフィア地区連銀がこの日発表した6月の連銀業況指数は19.9と、前月の34.4から低下し、約1年半ぶりの低水準となった。これを受け米経済への懸念が高まり、一部で利益確定の売りが出た。

ドルが売られたことで、ドル円は円高に推移しました。
これにより、テクニカル分析からは、チャンスが到来することとなりました。具体的には、次のコーナーで。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ちなみに、本ブログで使っているチャート分析については、無料レポートを販売しています。(0円で販売中!)関連記事からどうぞ。

特別無料レポートを公開。本ブログで活用しているテクニカル分析のやり方やトレードのアドバイスを掲載中。

2018.02.26

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で109.90円台となっています。
昨日は円高に推移しましたね。

これまでは、狭いレンジ相場となっており、その範囲は、
レンジの上値110.60円台
レンジの下値110.00円台
でしたが、昨日の下げにより、レンジの下値を割れてくることとなりました。

これにより、売りシグナルが点灯です。

算出された目標値は、108.80円台。

もし仮に、上昇に転じた場合、110.30円台を超えてくるようですと、買いシグナルに転換となりますので、注意しましょう。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1600ドル台となっています。

こちらは状況変わらず。こちらはレンジ相場継続中です。

レンジの上値は1.17ドル台後半、
レンジの下値は1.15ドル台前半です。

もし、レンジの下値を割れてきた時は、売りシグナル点灯となり、目標値1.13ドル台前半が算出されます。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で127.60円台となっています。

こちらは売りシグナル点灯継続中。
目標値は125円台後半。

もし仮に、128円台に乗せてくるようですと、売りシグナルは一旦消灯となります。

本日のまとめ

昨日は、ドル円が円高に推移したことによって、売りシグナルが点灯となりましたね。

目標値を達成となるか、注目しましょう。