iサイクル注文はじめました。

iサイクルを実践しています!トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

外為オンラインのiサイクル注文は、FXトレーダーなら試してみる価値があるシステムです。

iサイクルがわからない人は、下の関連記事をどうぞ。

人気のiサイクルとは?iサイクルが機能する相場について。

2017.09.30

設定について

200万円の運用です。

補足
今回は、1万通貨で運用していますが、外為オンラインでは、口座開設後に、1000通貨から取引できるminiコースを利用することもできますよ。

通貨ペア:ドル円
想定変動幅:1000pips
です。

決済や注文は、50pips毎に行われます。
具体的には、

(切りのいい数字で説明すると)

110.50円で買い→111.00円で売り
110.00円で買い→110.50円で売り
・・・

のような感じです。

その注文が最大で20注文入ります。

ですから、10円の範囲内で、値動きが続くと、どんどんと利益が上がっていくという感じですね。

で、iサイクルのすごいところは、自動的に損切りを行ってくれるところにあります。

110.50円の注文は、100.50円になった時に、損切りとなります。

また、トレンドが変わると、自動的に損切りをして、また次のトレンドに合わせた注文に変わります。

つまり、含み損がでかくなりすぎる前に、自動的に損切りを決行してくれ、また、新たなトレンドに合わせて、運用してくれるというイメージです。その結果、長く運用できるようになっているということですね。

ほら、損切りがなかなか決断できなくて、含み損が拡大してしまって、結局大きなロスカットになってしまった経験てありませんか?

そういう経験がある人なら、このiサイクルの素晴らしさは、よくわかると思いますよ。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

運用の注意点

iサイクル注文を活用する時の注意点としては、強欲丸出しで、目先の利益にとらわれてしまって、リスクの高い注文設定をしないようにすることです。

例えば、ユーロ円のような値動きの荒い通貨ペアを選んだにも関わらず、狭い範囲でいくつもの仕掛けを入れるような注文設定にした場合、ガンガン利益が積み上がる一方、

一方的な下げ(上げ)が起こると、損切りが続いてしまうことになります。そのため、積み上げた利益を損切りによって失うことになります。

ですから、このような設定はハイリスクだといえます。

ゆとりを持った設定が、安定した成績を出すためのコツですよ。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

最後に

iサイクル注文に興味が出たら、一度おためしあれ!

僕の運用成績についても、随時公開していきたいと思います。

iサイクルは、
外為オンラインというFX会社で使うことができる注文方法です。

興味のある方は、公式サイトへ。
外為オンライン

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。