【18/7/13のシグナル】ドルが続伸。3連休前ですので、落ち着いて。

7月13日(金)の為替動向

おはようございます。トレーダーの川相”かわい”(@woddy3)です。

昨日もドルが買われましたね。

ロイターによると、次の通りです。

終盤のニューヨーク外為市場で、ドルは対円で引き続き6カ月ぶり高値で推移。また、対スイスフランでは2カ月ぶり高水準となっている。堅調なインフレ指標のほか、ドルが貿易戦争の恩恵を受けるとの市場の見方が下支えした。

地政学リスクが高まった際は、円が買われる動きになることがよくありますが、今回の米中貿易摩擦では、ドルが恩恵を受けることになるとの見方が多くを占めているようですね。

これまでも、米中のやり取りの中で、ドルが不安定な値動きになる場面もありましたが、比較的ドルが落ち着いているのは、そのような見方によるものと考えられます。

また、今後も米中貿易摩擦の動向を意識しつつ、合わせて、為替相場の値動きにも注目したいですね。

各通貨ペアのテクニカル分析

ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ちなみに、本ブログで使っているチャート分析については、無料レポートを販売しています。(0円で販売中!)関連記事からどうぞ。

特別無料レポートを公開。本ブログで活用しているテクニカル分析のやり方やトレードのアドバイスを掲載中。

2018.02.26

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で112.50円台となっています。

昨日は、買いシグナルの目標値を達成したことをお伝えしましたが、その後もまだ上昇が続いていますね。

現在は、次のレンジ形成に向けて、落ち着きどころを探っている状況です。
レンジが明確になるまでは、様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1660ドル台となっています。

こちらは1.17ドル台を割れたことにより、シグナルが消灯となりましたね。

現在は、次のレンジ形成に向けた動きとの判断になります。

レンジの上値は、1.17ドル台半ば、
レンジの下値を探る展開です。

もし仮に、レンジの上値を超えてくるようですと、再び、買いシグナルが点灯となり、目標値1.19ドル台後半が算出されます。

上方向に進む展開になりましたら、この水準を意識したいですね。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で131.30円台となっています。
昨日は上昇しましたね。

現在は、次のレンジ形成に向けた動きです。

レンジが明確になるまでは、様子見となります。

PR
裁量トレード口座は、SBIFXトレードがオススメ。僕のメイン口座です。

本日のまとめ

ドルが買われる展開が続いていますね。
どこまで続くのかが注目となりそうです。

テクニカル分析からは、現在は、どの通貨ペアも様子見となります。

週末ということもありますので、休日にポジションを持つリスクをなくすためにも、様子見のスタンスでいいかな、と思います。

明日から3連休ですね。良い週末を!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。