11月FOMCは利上げを見送り。ドル円は円高に。

11月3日(木)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

昨日のドル円は円高になりましたね。

アメリカでは、FOMCが利上げ見送りを決定したのですが、大統領選挙も近いということもあり、まあ、これは予想通りという感じです。そして、12月の利上げは、ほぼ間違いなく行われると思われます。

しかしながら、クリントン氏の私用メール問題により、大統領選挙の行方がわからなくなっており、もしもトランプ氏が優勢で進むようであれば、為替相場も荒れることが予想されます。

今後の大統領選挙の状況から目が離せませんね。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で103.40円台となっています。昨日は円高に推移しましたね。

現在は、レンジ形成の動きとなっており、レンジの上値は、105.20円台で、レンジの下値を探る展開です。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.1090ドル台となっています。
こちらもレンジ形成に向けた動きとなっていて、レンジの下値1.08ドル台後半で、レンジの上値を探る展開です。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で114.70円台となっています。

こちらはレンジ相場です。その範囲は、レンジの上値116円台前半で、レンジの下値が112円台後半です。

レンジブレイクのチャンスを狙いたいですね。

本日のまとめ

アメリカは11月のFOMCで利上げを見送りました。

ただし、12月はまず間違いなく利上げを実施する雰囲気となっています。そうなると、ドル買いの流れとなりそうなのですが、大統領選挙が不透明なことから、ドルが売られる流れとなっています。

テクニカル分析からはまだチャンスはきていませんので、しばらくは様子見となりそうです。

週末のドル円の予想アンケートやっています。
ツイッターをやっている方はぜひご参加下さいね。ツイッターでの繋がりを増やしていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします(^ ^)

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。