ユーロ円、買いシグナルの目標値達成!

11月22日(火)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

昨日のドル円は、一時111円台に乗せる場面がありましたが、今朝の時点では、110.80円台に戻しています。

週末には、皆さんの予想を集計しましたが、


結果は、3番目。25%の方が正解ということになりましたね。アンケートにご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

11月21日(月)の終値は円高か、円安か。

2016.11.21

さて、昨日は比較的落ち着いた動きとなりました。

そのような中で注目したいのは、アメリカの12月利上げが織り込んだ状態であるということです。

市場予想は95%。

また、ドラギECB総裁は、トランプ大統領が選ばれたことやブレグジットによって、見通しが困難になっていると述べました。

見通しが困難になると、相場は不安定な値動きとなることが予想されますので、長期的に値動きの荒い展開となるかもしれませんね。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で110.80円台となっています。

現在は、レンジ形成に向けた動きとなっています。

これまで一方的な上昇が続いていまして、まだまだどの水準で落ち着きを見せるか(レンジを形成してくるか)、わかりませんので、レンジ形成までは様子見となります。

次のチャンスまで待ちましょう。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0620ドル台となっています。

こちらもレンジ形成に向けた動きです。

これまで一方的な下げの動きとなっていますから、レンジの範囲はまだわかっていません。どこで反発をしてくるかに注目をしたいと思います。

レンジ形成までは様子見となります。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で117.80円台となっています。

11月7日に115円前半を記録したことによって、買いシグナルが点灯となりました。この時算出された目標値は、118円台前半です。

そして、2週間の時を経て、昨日、高値で117.99円台を記録しましたね。これで、ほぼ目標値達成と見ることができます。(長かったー)
シグナル通りに売買すれば、約3円(300pips)の利益となりましたね。トレードした方は、おめでとうございます。

ということで、今後は、次のレンジ形成まで様子見となります。

本日のまとめ

テクニカル分析の観点からは、
ユーロ円が、買いシグナルの目標値を達成したことにより、どの通貨ペアも、「次のレンジ形成に向けた動き」となりました。

そのため、レンジ形成まで、しばらくは様子見となります。

が、市場の注目としては、一方的な上昇が続いているドル円の
反落待ち”
のようなところもあるようです。

そのようなトレードをする場合においては、かならずOCO注文などを駆使して、臨みたいところです。がんばりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。