久しぶりに大きなドル安へ。その要因は?

11月29日(火)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

昨日、ドル円は久しぶりの大きな円高となりました。

アメリカ大統領選挙でトランプ氏が勝利してから、約3週間も続いていたドル買いが、ようやく一服したかたちとなりました。

その大きな要因となったのは、大統領選挙の激戦区の再集計のニュース。

11月28日(月)の円高ドル安の要因については、単なる調整ではないということをブログにてまとめましたので、ご覧ください。

FXで毎年大きな利益を上げてる僕が、円高になっている理由を解説するよ

2016.11.28

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で112.00円台となっています。昨日は久しぶりの大きな円高となりました。

現在は、レンジ形成に向けた動きとの判断です。レンジの上値は、113.30円台で、レンジの下値を探る動きです。

どこまで下げてくるかに注目となります。

27日(日)に発行しましたメルマガのチャート形状を意識したい場面となってきましたね。注目しましょう。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0600ドル台となっています。

現在は、次のレンジ形成を目指す動きです。

レンジの範囲については、まだ何も見えてきませんので、もう少し様子見が続きそうです。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で118.80円台となっています。

こちらは、昨日の円高により、レンジの範囲が少し見えてきました。レンジの上値が119円台半ばで、現在は、下値を探る展開との判断です。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

本日のまとめ

11月7日から続いているドル高でしたが、11月28日に、久しぶりに大きなドル安の動きを見せました。

さて、このドル安がどこまで続くのか、非常に注目となります。

テクニカル分析の観点からも、ようやくレンジ形成に向けた動きとなってきました。

メルマガで紹介しました、一旦下げて、その後、大きな上昇を見せるというパターンを想定しつつ、今後の状況を見ていきたいです。

下げと上昇のめどは、27日(日)の今週のメルマガで再確認してくださいね!

では、がんばりましょう!

【連絡】ポジションブログ更新しました!