英国、EU離脱!離脱までの雰囲気と為替相場の変動まとめ

英国、EU離脱の国民投票が、市場予想に反して離脱となりました。こんにちは、川相有高(@woddy3)です。

2016年6月24日(金)は歴史に残る日になりました。英国が国民投票の結果、EUを離脱することになったからです。英国がEU離脱が決定されるまで、どのような雰囲気で、離脱決定後はどのように為替が動いたかを記録しました。

setsu

事前予想は圧倒的に残留の雰囲気

事前の世論調査は、残留派が優勢となっていましたし、ブックメーカーの倍率も残留派が圧倒的に優勢になっていましたので、24日(金)の英国国民投票の開票結果が発表されるまでは、残留を信じて疑っていませんでした。

そして、多くの人が残留になるだろうと考えていました。

6月22日にツイッターのアンケートに参加しましたが、その結果はこちら。

6月23日に公表されていた外為ドットコムのアンケートもこのような結果に。

状況は拮抗しているものの、結果は残留となるだろうと、ほとんどの人が信じていたのです。

結果は離脱で、ポンド暴落

24日の朝の6時から開票作業が行われ、徐々にその状況が発表されていきました。

開票地区によっては、残留派優勢との情報も多く、為替レートもやや不安定な程度でした。

しかし、開票作業が進むにつれて、離脱が優勢へと変わっていきます。そして、それを受けて、円買い、ポンド売りが一気に進みました。

ドル円は、11時半過ぎに99円台へ急降下。ちなみにこの日の朝の時点で、106.10円台です。

106円から99円へ「は?7円も落ちたの!?」って声が聞こえてきそうですね。そうです。そこまで落ちたんです。

di_img_5783_tp_v

そして、ポンド円。13時頃に133円台を記録しました。この日の朝の時点では、157円台。そして、一時160円台に乗せる場面もありました。が、133円台へ。

「は?ちょっと何言っているかわかりません」って思いますよね。そうです。朝の時点で一時160円台に乗せたポンド円は、13時過ぎには133円台へと、約27円の下げを記録したのです。

ozp86_kuso-yarareta_tp_v1

これは何を示しているかというと、残留になることを多くの人が信じていたけど、離脱というサプライズの結果によって、大暴落が起こってしまった、ということです。

値動きまとめ

一時的に急落した市場は、すぐに戻される動きにもなります。

結局、24日(金)の終値としては次の通り

  • ドル円、102.41円
  • ポンド円、140.07円
  • ついでに、この日の始値、高値、安値、終値、前日比もまとめておきます。

    通貨ペア 始値 高値 安値 終値 前日比
    ドル円 106.16円 106.83円 99.05円 102.41円 -3.49円
    ポンド円 157.71円 160.17円 133.31円 140.07円 -17.73円
    ポンドドル 1.4855ドル 1.5017ドル 1.3228ドル 1.3676ドル -0.1223ドル
    ユーロ円 120.86円 121.99円 109.58円 113.73円 -6.83円
    ユーロドル 1.1384ドル 1.1427ドル 1.0911ドル 1.1105ドル -0.0279ドル

    このデータは、SBIFXトレードの為替レートを参考に作りました。

    トレーダーの皆様へ

    この日は、日中も上下動が激しすぎる展開だったために、多くのFXトレーダーが退場することになったと思われます。

    こういう相場で勝負をしてはいけません。値動きが荒い展開を見ると、チャンスと考えてしまいがちです。が、これはチャンスではありません。罠なんです。

    僕は多くの犠牲者が出ないように、ツイッターで危険を呼びかけました。

    本日、これをまとめましたのも、同じような急落の場面となった時に、無謀にもトレードしたくなる人に、それが危険なことを伝えるためです。また、急落後の反発を狙ったり、急騰後の反落を狙うものほとんどが失敗に終わりますので、静観が正解です。

    近年は、経済のスピードが速く、同じような暴落局面は、10年以内には起こると僕は思っています。

    その時、「英国のEU離脱の国民投票の時は、どれくらい動いたっけな?」と検索した人が、この記事に触れ、そして、無謀なトレードをしようとする気持ちを抑制し、静観できる強い気持ちを持つことを期待しています。

    今回の内容は、裁量トレーダー達が、無駄死にしないための記録なのです。

    ABOUTこの記事をかいた人

    ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。