ユーロドル上昇へ。買いシグナル点灯!ユーロ円も!

12月6日(火)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

昨日は、朝から、イタリアの国民投票、否決となり、やや大きめの動きになりました。

12月2日(金)に1.0670ドル台で終えたユーロドルは、朝から1.05ドル台前半をつける動きです。

しかしながら、下げも限定的で、徐々に上昇に転じ、終値では1.0750ドル台となりました。

今週のメルマガでは、「イタリアの国民投票の結果によって、大きく動くことはないだろう」と分析しました。まあ、想定内の結果になったというのが僕の感想です。

リスクをどのように捉えるかというのがポイントですので、ぜひ、参考に購読をしてください(初月無料です)。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で113.70円台となっています。

現在はレンジ形成に向けた動きとの判断で、レンジの上値は114.30円台で、レンジの下値を探る動きです。

レンジ形成までは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0750ドル台となっています。

こちらは昨日の上昇によって、買いシグナルが点灯となりました。

目標値は、1.09ドル台半ばです。

もし、1.06ドル台後半まで下げてくるようですと、上昇の勢いが止まることが予想されますので、1.06ドル台後半を意識しながら、目標値達成を期待したいと思います。

注目しましょう!

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で122.40円台となっています。

こちらも買いシグナルが点灯となりました。

算出された目標値は、123円台半ば。

上昇の勢いが弱まるラインは、121円台半ばです。
121円台半ばを意識して、目標値達成を期待したいと思います。

本日のまとめ

イタリアの国民投票、否決の結果は、市場にはそれほど大きな影響を与えることがありませんでした。

テクニカル分析の観点からは、ユーロドル、ユーロ円が買いシグナル点灯中!

トレードチャンスが到来していますので、利益を狙いたいですね!がんばりましょう!

【連絡】ポジションブログ更新しました!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。