日銀の金融政策にずっと注目してきた僕が、黒田総裁の今の本音を解説します。

ダウ上昇

どうも。川相有高(@woddy3)です。
トランプ氏が大統領選挙で当選してから、ダウが一方的な上昇を見せていますね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-12-09_18_10_46

なぜこんなに上昇が続いているかは、こちらの記事を読めばわかります。

金融政策から財政政策へ。どういうことなのか、シンプルに理解しましょう。

2016.12.09

そんな、状況の中で、最も大きな恩恵を受けているのは、

日本。

日本の株価

日本は、大統領選挙の結果が判明した11月9日(水)こそ下げたものの、その後は、一気に上昇しています。

11月9日の終値が16,251円だったのが、1ヶ月後の12月9日には、18,996円ですからね。約2,700円も上昇しているのです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-12-09_18_10_17

12月8日、黒田総裁のあいさつ

日銀、黒田総裁は、12月8日に年末恒例のエコノミスト懇親会であいさつをしました。

ロイターによると、

「世界経済、日本経済は全体として良い方向に向かっている」とし、日銀としては9月に導入した「イールドカーブ・コントロール」という「新しい枠組みを利用して経済の成長を支えたい」と強調した。

トランプ相場を前提に「米新政権の政策はまだはっきりしない」と述べた。さらに「来年は仏独で大きな選挙もあり、国際情勢はまだまだ不確実性が高い」と警戒しつつ、国際通貨基金(IMF)や経済協力開発機構(OECD)による世界経済見通しや7─9月の国内総生産(GDP)を引き合いに出し、日本経済が緩やかな回復を続け、物価が目標の2%に向かうとの見解を示した。
ロイターより引用

とのこと。

僕はこれを見た時、ほーう。と。

「世界経済、日本経済は全体として良い方向に向かっている」とな。まだまだ国際情勢の不確実性が高いと警戒しつつも、物価目標の2%に向かう、とな。

でも実際は、違うこと思っているでしょうよ。
150415532410_tp_v
本当に思っていること、言ってみなよ、と感じたのです。

日銀の金融緩和振り返り

2013年4月、黒田さんが、日銀総裁に就任しました。

この時、2年で2%の物価上昇を実現するために、大規模な金融緩和政策を進めました。

しかしながら、2年が過ぎても、2%の物価上昇が実現できず。3年9ヶ月(これを書いている時、2016年12月)が過ぎても達成できていないのが現実です。

そして、2016年9月21日には、これまでの金融政策を振り返る総括的な検証を行い、それを発表したのですが、

その中では、達成できなかった理由は、

外的要因

とまとめています。

詳しくは、こちらの記事をごらんください。

2016年9月21日に発表された日銀の総括的な検証。その内容について。

2016.09.26

日本が恩恵を受ける!?

僕は、ずっと先送りされ続ける、「2%の物価上昇の実現」は、もはや達成するのは、不可能だろうと感じていました。

soudan

日銀の緩和策が発表されても、市場は、ほとんど反応しないことからも、

日銀は、もはや打つ手なし

と見ていました。

で、そんな時です。

トランプ氏当選から、ダウの上昇によって、日経も爆上げを見せ始めたのです。

di_img_5783_tp_v
打つ手なしの日銀に、風が吹き始めました。

もちろん、今後どうなるかはまだ何ともいえませんが、今までの打つ手なしの状況から、少し変化が見られているのです。

それは、紛れもなく外的要因。

アメリカからの強い風なのです。

黒田氏の本音

では、先ほどの12月8日のエコノミスト懇親会での黒田総裁のコメントに戻ります。

「世界経済、日本経済は全体として良い方向に向かっている」というのは、違うだろ、と。

本心は、

「アメリカ経済のおかげで、日本経済が良い方向に向かってる」

と思ってるんだろ。

「トランプ氏の財政政策で、日本も恩恵を受けることしか、方法がないんです」

っていうのが、本音でしょうよ。と、僕が思ったわけですね。

今後もトランプ氏への政策の期待がどうなるかは、まだわかりませんが、この影響は、日本にとっても、日銀にもっても大きなものになるというのは、間違いなさそうです。

お知らせ

トレード手法全公開!
『ワンランク上のトレーダーになるためのFX勝ちチャート分析マニュアル』
絶賛発売中!

ブログランキングに参加していますので、参考になった時はポチッとお願いします! にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。主に日足チャートを分析し、裁量トレードをしています。FXメルマガでは、通貨ペアの状況や狙い目をズバッと明記する他、僕が使っているテクニカル分析の方法も公開しています。毎日、ワクワクして過ごしたいですね!よろしくお願いします