FRBがドル高を懸念する可能性!?ユーロ円チャンスが近い!

12月13日(火)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

週末に行なっているアンケート、月曜日のドル円の終値を予想しようというものですが、

結果は、3の「それ以外」ということになりました。アンケートのご協力ありがとうございました。

12月12日(月)のドル円は、円高か円安か。ツイッター引用キャンペーン。

2016.12.12

日中は、116円台に乗せる動きも見せましたが、

夜のうちに、ドル安への動きとなり、一時は114円台を記録する場面もありました。

そのドル安の要因ですが、


こちらのロイターの記事に書いてありまして、

米連邦準備理事会(FRB)が13
─14日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、ドル高の行き過ぎをけん制する可能性があるとの懸念が浮上した。

ということです。

利上げはまず間違いなく行われると思いますが、利上げよりも、その後のFRBのメッセージに注目が集まってきているようです。

私のメルマガでも、利上げについては、今後ペースが上がる可能性があるという見方を示してはいるのですが、FRBが発するメッセージは、急速な景気回復を懸念する内容になるのかもしれないですね。

詳しくは、メルマガをごらんください。(初月無料で、一度お試しください)

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で115.00円台となっています。

昨日は一時116円台にのせたかと思えば、夜のうちに114円台後半を記録するなど、値動きの荒い展開となりました。

現在は、レンジ形成の動きとなっていて、レンジの上値は115.30円台で、レンジの下値を探る展開いです。

もしレンジの上値115.30円台を超えてくるようですと、116.20円台を目標値とした買いシグナル点灯となりそうです。

本日の値動きに注目しましょう。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0630ドル台となっています。

こちらは上昇を見せましたね。

昨日の上昇により、現在は、レンジ相場となりました。レンジの上値は1.07ドル台半ば、レンジの下値は1.05ドル台半ばです。

ということで、レンジブレイクのタイミングを狙いたいですね。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で122.30円台となっています。

現在は、レンジ相場でレンジの上値に接近している状況です。

レンジの上値は、122円台半ば、レンジの下値は、121円台前半。

もしこのままレンジの上値を超えてきますと、メルマガで報告した通りの目標値が算出されますので、注目しましょう。

本日のまとめ

FOMCでは、利上げどうこうよりも、FRBからのメッセージに注目が集まっています。
内容によっては、大きな動きも考えられることとなりました。

テクニカル分析の観点からは、ユーロ円がもっともチャンスが近くなっていますので、その値動きに注目したいと思います。
ただ、ポジションを取ったとしても、FOMCで大きく動くことも想定しておかないと、痛い目にあうかもしれません。(FOMCは、13日、14日の二日間で実施されます)

最後に、メルマガは、毎週日曜日15:00の配信をしています。
もし、迷惑メール設定などの関係で、届いていないケースがありましたら、すぐにご連絡ください。

お問い合わせ

2016.11.08

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。