2017年利上げ3回!ユーロ、シグナル点灯!

12月15日(木)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

注目されていたFOMCは、予定通りの0.25%の利上げとなりました。
これが先ほどの朝の4時の発表でした。

これにより、ドル円も上昇!

これまでずっと、2017年は利上げペースは早まるのではないかと、メルマガやブログでお伝えしてきたのですが、いよいよその兆候が見られ始めましたね。

また、今回のイエレン会見からは、2017年の注目すべきポイントが見えてきそうです。

今週のメルマガはそのような内容をまとめようかと思っています。
メルマガは初月無料なんで、一度お試しくださいね。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で117.00円台となっています。
FOMCの発表を受けて、一気に上昇をみせましたね。

これまでのレンジの上値は115.30円台で、それを超えてくると、116.20円台を目標値とした買いシグナル点灯となることを報告していましたが、それを超えて、一気に117円台です。

ということで、また次のレンジ形成に向けた動きになると思われますので、落ち着くまで様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0520ドル台となっています。
大きく下げることになりました。

この動きにより、これまでのレンジの下値1.05ドル台半ばを割れてきましたので、売りシグナルが点灯となりました。

これにより算出された目標値は、「1.02ドル台後半から1.03ドル台半ば」です。
(ちょっと目標値の幅が広いですが、チャートがいびつなため、算出に幅をもたせました)

シグナル転換ラインは、1.06ドル台前半を超えた時です。

その水準を意識して、ショートでトレードに臨みたいところです。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で123.20円台となっています。
こちらは上昇しています。

FOMCの発表を受けて上昇したことにより、これまでのレンジの上値122円台半ばを超えてきましたので、買いシグナルが点灯しています。

算出された目標値は、124円台前半です。

もし122円台半ばまで下げるようですと、買いの勢いがなくなると思われますので、その水準を意識してトレードに臨みたいです。

本日のまとめ

FOMCでは1年ぶりの利上げが発表されました。
これは織り込み済みでしたが、その後のイエレン会見から、ドルが買われる動きとなりました。

テクニカル分析の観点からは、ユーロドル、ユーロ円がチャンス。
ただし、ユーロドルとユーロ円の進む方向が逆ですので(ユーロドルは売り、ユーロ円は買い)、慎重なスタンスで臨みたいところですね。

それでは、頑張りましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。