ドル円118円台のせへ。テクニカル分析の状況など。

12月21日(水)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

昨日のドル円は一時118円台にのせてきましたね。
ダウも最高値を更新しています。

クリスマス休暇前ということもあって、そろそろ調整が入るかと思われていたのですが、
まあ、市場は僕らの想像通りに動くほうが珍しいので、思い込みによるトレードを避けて、余計な損失をしないように気をつけましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で117.80円台となっています。

昨日は上昇を見せました。

これにより、レンジ相場となっています。
レンジの上値は118.00円台、レンジの下値は、117.20円台です。

レンジブレイクのタイミングでシグナルが点灯となります。

レンジの上値を超えてきた場合は、118.90円台を目標値とした買いシグナル点灯となりそうです。
逆に、レンジの下値を割れてきた場合は、116.00円台を目標値とした、売りシグナル点灯となりそうです。

注目しましょう!

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0390ドル台となっています。
ドル買いが進んでおり、ユーロは14年ぶりの安値ということです。

現在はレンジ形成に向けた動きとなっています。
レンジが明確になるまでは様子見となります。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で122.30円台となっています。

レンジの上値は、123円台前半で、レンジの下値を探る動きです。

レンジが明確になるまでは様子見となります。

本日のまとめ

ドル買いの流れがまだ継続しています。

テクニカル分析によると、ドル円がチャンスとなっていますので、そちらに注目したいですね。

頑張りましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。