ユーロ円がチャンスが近い!?ドル円売りシグナル点灯中!

12月29日(木)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

昨日のドル円は、一時は117円台後半まで上昇を見せましたが、ニューヨーク時間で117円台前半まで下げることになりました。


こちらの記事によりますと、ポンドが対ドルで、EU離脱交渉をめぐる懸念から2ヶ月ぶりの安値を記録したとのことです。

2017年のリスク部分が意識された結果、それぞれの通貨ペアで調整が起こっているというのが現在の状況なのかもしれません。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で117.10円台となっています。

現在は売りシグナル点灯中です。

目標値は、116.00円台
シグナル転換ラインは、117.80円台となっています。

昨日は、シグナル転換ラインに迫りましたが、そこを超えることなく、再び下げを強めることとなりましたね。

このまま、目標値達成を期待したいところです。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0410ドル台となっています。

現在はレンジ形成に向けた動きとなっています。

レンジ形成までは様子見となります。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で122.00円台となっています。

こちらは狭いレンジ相場が続いています。
レンジの上値は122円台後半、レンジの下値は121円台後半です。

現在は、レンジの下値に接近していますが、このままこの水準を割れてくるようですと、119円台半ばを目標値とした売りシグナルが点灯となりそうです。

逆に、上値122円台後半を超えてくるようですと、125円台後半を目標値とした買いシグナル点灯となりそうです。

注目しましょう。

本日のまとめ

年末の取引数が少ない中で、値動きもちょっと荒くなっている印象を受けます。

トレードする場合は、荒い値動きの中で一喜一憂することなく、落ち着いて臨みたいですね。