ドル円、売りシグナルに従って順調に下げる。

12月30日(金)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

本日が、今年最後の取引日となりますね。

振り返ると、今年は色々なことがありました。いや、ありすぎました。

年明け早々、中国のサーキットブレーカー導入によるパニック売り。
6月にはイギリスのブレグジット。
11月にはトランプ氏の大統領選挙当選。

相場は荒れに荒れましたね。

さて、来年はどうなるのでしょうか。
2016年の振り返りと2017年のポイントをまとめましたので、お時間のあるときにご覧下さい。

2017年為替相場の見通しについて。ドル買いは続くのか。

2016.12.29

さて、昨日のドル円は116円台まで下げましたね。
11月から上昇が続いていましたから、それの調整という感じですね。

とはいえ、もう少し大きめの調整が起こると思われていましたが、それほど大きな調整とはならずという感じでしょうか。

本年の取引最終日は、どうなるでしょうか。注目しましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で116.50円台となっています。

こちらは26日の値動きから、売りシグナル点灯を報告していました。

このとき算出された目標値は116.00円台だったのですが、
昨日は、一時116.20円台まで円高になりました。

あと十数銭の下げで目標値を達成するところだったのですが、惜しかったですね。

ということで、本日、再び116.00円台を目指して下げることになるか、あるいは昨日の下げで、目標値をほぼ達成と見て次のレンジ形成に移るか、非常に判断が難しい場面となっています。

今年最後の取引日ですから、無理はせず、状況を見ていきたいところですね。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0480ドル台となっています。

現在はレンジ形成に向けた動きとなっています。

レンジ形成までは様子見となります。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で122.30円台となっています。

こちらは狭いレンジ相場が続いています。
レンジの上値は122円台後半、レンジの下値は121円台後半です。

現在は、レンジの下値に接近していますが、このままこの水準を割れてくるようですと、119円台半ばを目標値とした売りシグナルが点灯となりそうです。

逆に、上値122円台後半を超えてくるようですと、125円台後半を目標値とした買いシグナル点灯となりそうです。

チャンスが近そうなので、年明けは、この通貨からトレードを始めようかな、と考えています(笑

頑張りましょう!

本日のまとめ

ドル円が円高に推移しています。これまでの上昇の調整が行われているということで、円高に推移するかどうか注目となります。

本日は、2016年のFXの取引最終日ですから、無理なトレードをせず過ごしたいですね。

最後に、2017年、皆様がしっかりと利益を出せることを願っています。
今のうちに、目標をしっかりと立てて、2017年を迎えましょう。

またFXメルマガは1月1日(日)に発送します。
メルマガでは、僕と同じ手法を学ぶことができます。目標値も損切りラインも自分で算出できますよ。

新年をスタートするにあたり、気持ち新たに頑張りたい方は、メルマガをお試しください。初月無料ですので、ぜひ!

12月分のメルマガを読みたい方は、まぐまぐで。

新年からメルマガを読みたか方は、fx-onで

まぐまぐは登録からの購読で、fx-onは登録からの購読となります。

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。