ドル円、ユーロドルがシグナル点灯目前!?ユーロ円は買いシグナル点灯中。

1月5日(木)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

昨日は、ドル円が円高へと推移しました。

どうやらトランプ次期政権のリスク部分にようやくスポットが当たってきたように思います。

トランプ氏の財政政策が実施されれば、ドル高が急速に進むことになり、インフレリスクが増大するというリスクです。

今後、このリスク部分がどのくらいピックアップされてくるか、注目されるところです。
ドル高が今後も続くという予想は多いですが、このようなリスク部分を想定することもトレードでは重要なこととなりますので、意識しておきましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で117.20円台となっています。

昨日の下げによりレンジ相場となりました。
レンジの上値は117.60円台、レンジの下値は116.60円台です。

レンジの上値117.60円台を上回るようですと、118.50円台を目標値とした買いシグナル点灯となりそうです。

逆に、レンジの下値116.60円台を下回るようですと、115.70円台を目標値とした売りシグナル点灯となりそうです。

注目しましょう。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0480ドル台となっています。
こちらは反発を見せました。

現在は、レンジ相場です。

レンジの上値は1.05ドル台前半、レンジの下値は1.04ドル台前半です。
もし、レンジの上値1.05ドル台前半を超えてくるようですと、1.08ドル台前半を目標値とした買いシグナル点灯となりそうです。

逆に、レンジの下値1.04ドル台前半を割れてくるようですと、1.00ドル台前半〜1.01ドル台半ばを目標値とした売りシグナル点灯となりそうです。

レンジの範囲も狭いので、シグナル点灯も近いと思われます。
注目しましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で122.90円台となっています。

現在は、買いシグナル点灯中。
目標値は125円台後半。

もし122円台前半を割れてくるようですと、売りシグナルに転換となります。
そうなると、118円台から119円台くらいまでが目標値として算出されそうです。

現在は、ユーロドルもシグナル点灯目前ということで、
そちらの動きに大きな影響を受けそうです。

ユーロドルにも注目しながら、トレードに臨みたいですね。

本日のまとめ

トランプ氏の政策へのリスク部分にようやく注目が集まってきています。
ドル買いが急速に進めば進むほど、インフレリスクが高まります。

今後の動向に注目したいです。

テクニカル分析では、ユーロ円が買いシグナル点灯中。
ドル円、ユーロドルが狭いレンジ相場ということで、どの通貨ペアもチャンスが近そうです。

頑張りましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。