ドル売り継続、ドル円一時113円台へ。ユーロ円売りシグナル点灯!

1月13日(木)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

トランプ氏の会見からドル売りの流れが継続しています。

トランプ会見では、税制改革や財政刺激策などの具体的な情報がなかったとの意見も見られますが、具体的なメッセージが、読み取ることができたのではないかと思います。

今週のメルマガでは、そんなことをピックアップしたいと思います。

ぜひメルマガのご登録を!

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で114.60円台となっています。
昨日は一時113.70円台まで下げましたね。

現在は、次のレンジ形成を目指した動きとなっており、下値をどこまで下げてくるのかに注目している状況です。

レンジが明確に見えてくるまでは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0610ドル台となっています。

現在、上下動が荒いため、なかなか次の展開がよみにくくなっていますが、
現在の水準(1.06ドル台前半)を超えてくると、1.08ドル台前半を目標値とした買いシグナルが点灯となります。

逆に、超えることができず、下方向へ動き出したなら、レンジ相場との判断になりますが、
その時に1.05ドル台前半を割れてくるようですと、売りシグナル点灯となり、1.02ドル台前半が目標値として算出されそうです。

注目しましょう。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で121.60円台となっています。

昨日は円高になりましたね。

これまでのブログでも報告していましたように、122円台をしっかりと割れてきましたので、売りシグナルが点灯となりました。

算出された目標値は、第一目標値119円台後半、第二目標値118円台前半です。

大きな目標値が算出されていましすが、
ここ数日は、上がったり下がったりが日ごとに変わる、不安定な値動きが続いていますので、
落ち着いて望みたい場面となっています。

本日のまとめ

現在は、ユーロ円が売りシグナル点灯中です。

ただし、ユーロドルが買いシグナル点灯目前の水準まできていますので、
こちらがそうなると、ユーロ円が下げにくくなることが考えられます。

ですから、ユーロ円でトレードをするときは、
値動きに関連のある他の通貨ペアにも注目しておきたいですね!

そして、
昨日のトランプ氏会見から判断すると、
2017年は、トランプ氏を睨んだ相場となります。

トランプ氏のスタンスをしっかりと確認しておくことが、トレードにおいては重要だと思いますので、今週のメルマガでは、そんな分析もしっかりと載せたいと思います。

購読して、トランプ氏のスタンスを理解し、
トレードで結果を出す。

ぜひご購読くださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。