【本日のシグナル】米税制改革に期待。イエレン議長の議会証言も。

2月14日(火)の為替動向

おはようございます。プロFXトレーダーの川相有高(@woddy3)です。

昨日は、ドル円は上昇しましたね。

トランプ氏が税制改革を発表することを表明したことや、FRBの早期利上げ観測がドル買い要因となったということです。

トランプ米大統領は前週、「税に関して目を見張るような発表を行う」と税制改革に取り組む考えを表明。投資家の間では、大統領やその側近の関心が保護貿易主義や安全保障から成長促進策に移ったことの表れとの期待が広まった。

投資家は14、15日に行われるイエレンFRB議長の議会証言に注目している。市場はFRBの年内の利上げは2回と見込んでいるが、FRB当局者からはより積極的な利上げに傾いていることを示唆する発言も出ている。

税制改革は2、3週間以内に発表される見通しですし、本日からはイエレン議長の議会証言にも注目となります。

アメリカの動向に注目しましょう。

各通貨ペアのテクニカル分析

では、ここからは昨日の値動きをもとに、チャート分析から見えてくる情報をお伝えしたいと思います。(日足チャートによる分析をしています)

ドル円の見通し

ドル円は、今朝の時点で113.70円台となっています。

現在は、次のレンジ形成に向けた動きとの判断です。

レンジ形成までは様子見となります。

ユーロドルの見通し

ユーロドルは、今朝の時点で1.0590ドル台となっています。
こちらは、下げる流れとなっていますね。

現在は、レンジの上値を1.07ドル台後半として、下値を探る展開です。
レンジ形成までは、様子見となります。

ユーロ円の見通し

ユーロ円は、今朝の時点で120.50円台となっています。

こちらは、レンジの下値を119円台半ばとして、上値を探る展開となっています。

レンジが明確になるまでは様子見となりますが、
もし、円高の展開になり、119円台半ばを割ってくるようですと、売りシグナル点灯となります。

注目しましょう。

本日のまとめ

トランプ大統領の税制改革に期待が集まってきています。

また、イエレン議長の議会証言では、今後の利上げの見通しが読み取れると思われます。

ということで、特にこの二つの内容は注目されますね。

そして、テクニカル分析では、どの通貨ペアもレンジ形成に向けた動きとなっていますので、チャンスがくるまで、待ちましょう。

この記事について

【本日の見通し】ブログは、火、水、木、金に毎朝アップしています。この記事の内容を、トレードに役立てていただければと思います。

また、日曜15:00には、 FXメルマガを配信しています。こちらは、ここで使っている分析手法を公開してる他、ファンダメンタルズなどの情報や、僕のトレード状況についても公開しています。ぜひ、一度お試しくださいませ!

初月無料ですから、初月でやめれば、無料で中身をみることができますよ!
川相有高のFXメルマガ

ABOUTこの記事をかいた人

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの専門です。テクニカル分析『ポイント&フィギュア(P&F)』を使って、チャートを分析し、裁量トレードをしています。ブログでは、日々の分析結果をアップしています。